格安SIMでスマホ代が11,000円が3,980円になった!!

格安SIMでスマホ代が11,000円が3,980円になった!!

実はこれまで「格安SIM」という存在を知りませんでした。

スマホといえばドコモ、au、ソフトバンクでしか契約できないと思っていたんです。

 

今回利用したのは「J:COM」の格安SIM+機種になり、月に11,000円支払っていたスマホ代が3,980円に安くなったんです。

月に換算すると約7,000円の節約になり、12カ月の計算では約84,000円の節約になります。

 

J:COMの格安SIMには2年間の契約縛りがありますが、ここまで安くなるなら2年以上でも使うと思っています。

このことを今まで知らなかったのは本当にバカなことだと思い、知っているか知らないかで大きく損していたんですよね。

 

J:COMの格安SIMとは?

J:COMの格安SIMとは、UQモバイルやLINEモバイルなどと同じ格安SIMになり、

auの回線を利用した差し込むだけで利用できるSIMのことです。

 

すでに持っているスマホでもSIMカードを差し替えるだけで利用できて、電話番号もそのまま同じものを使うことができます。

すでにau、ドコモ、ソフトバンクで利用しているスマホがあっても問題なく乗り換えが可能です。

 

僕自身もソフトバンクの契約していたスマホから「J:COM」の格安SIMに乗り換えました。

実際に僕が「J:COM」に乗り換えたプランや料金などを説明しますね!!

 

 

すでにiphone6を使っていたのですが、「J:COM」では機種+SIMのセットがあったので、iphone7を選ぶことにしました。

J:COMならiPhone7のセットプランでも端末代実質0円になるのでお得でしたね。

 

 

 

普段から動画を良く見るので、SIMカードのプランは10GBを選択しました。

容量のプランは他にもありますが、10GBが最もお得に感じたからです。

 

 

 

さっきも説明したようにすでにスマホを使っている場合でも、J:COMなら簡単に乗り換えることができます。

格安SIMを使ってみると、これまでの携帯3社がいかに高いかが分かると思います。

 

 

ソフトバンクからの乗り換えになっていたので、ソフトバンクを選びました。

J:COMの公式サイトからは料金のシミュレーションができるのも良かったです。

 

 

ここで少し罠があるのですが、この3,730円というのは最初の8カ月間のみです。

9カ月後からは5,230円となるので間違わないようにしましょうね。

 

月に5,230円になったとしても11,000円を払っていたのに比べると、半額近い料金に節約することができました。

格安SIMのことを知らなかったのは、本当に恥ずかしく、僕のように知らない方には、ぜひ知っておいて欲しいです。

 

実際に使ってみた感想

J:COMの格安SIMは、auの回線を使っていることもあって、特に電波が悪いと感じることはありません。

しかも今だけキャッシュバック10,000円が受けられたので、本当にお得としか言いようがありませんでした。

 

動画を見ても特に不便に感じることもなく、前の状態と変わらずサクサク見れます。

僕のようにスマホ代が月に10,000円以上も払っている方は、格安SIMを利用する方が本当に安くなります。

 

機種込みではなくてもSIMカードのみでも、すでに持っているスマホで使用できるので、やってみることをおすすめします。

やり方も簡単で何も問題なく使用することができました。

 

J:COMの公式サイトでは料金シミュレーションが可能なので、

シミュレーションだけでもやってみると、いかに損しているかが分かると思います。

 


 

料金のシミュレーションは数十秒で完了するので、サクッとできます。

今回の節約で浮いたお金を他のところに使えるのも嬉しいですね。